there is a time for everything

現役SIerが技術や育児情報を紹介するブログです。

子供の歯磨き

手をガジガジする

最近はいつ見ても口に手を突っ込んでいます。
1歳10ヶ月になって、あとは八重歯が生えればコンプリート。

その八重歯がちょっとだけ顔を出しているので、気になって仕方ないみたいです。

仕上げ磨きはどれくらいする?

clinica.lion.co.jp
こちらを見ると、20回は磨きましょう、と。

20回も磨こうもんなら
獲れたての魚並みに跳ね回るんですけど。

相当機嫌が良い時しか素直に磨かせてくれません。

「歯磨きしよー」
と声を掛けて磨き終わるまで1時間かかる日も😵

パターンにはめてみる

自分で磨かせる

これは1カ月くらいは効き目がありました。
自分でできるのが嬉しいらしく、ニコニコして歯ブラシをかじります。

その隙にそっと歯ブラシを一緒に持ってあげて、あたかも自分でしているかのごとく磨きあげます。

しかし、そのうちバレて手で払いのけられるのでした。。😭

逃げ道を塞ぐ

ちょっと虐待のような書き方ですがw
追いかけると鬼ごっこみたいになっていつまでも終わらないので、少しずつ逃げ道を塞いでいきます。
すると、うちの娘の場合ですが、ちょっとずつ観念し始めます。

「これは、もしかして逃げ切れないのでは。。」

という諦念を抱き始めるのです。
少しずつ動きが遅くなってきたらこちらのペース。

頃合いを見てチラッチラッと歯ブラシをチラつかせます。
するとなぜか、

「チッ、ショウガネーナ」

とばかりに口を開けるようになります。
とはいえガシガシすると嫌がることに変わりはないので、優しくブラッシングです。

比較的効果のある作戦ですが、とにかく時間が掛かる。
鬼ごっこタイムだけで30分は下りません。

毎日やってらんねーよ。

お願いしまくる

これがうちの最新の作戦になります。
方法は至って簡単。

「娘ちゃんお願い!あんまり動かないで!ね!すぐ終わらせるから!」
「娘ちゃんも早く終わらせた方が嬉しいでしょ!?お父さんに任せて!ね!」

文章に起こすととんでもねー変態のようですが、歯磨きの話です。
父親のお願いの勢いに負けるのか、しばらくするとニヤニヤしながら口を開けてくれるようになります。

妙な敗北感と共に仕上げ磨きをすることになりますが、背に腹は代えられません。

さいごに

今の所、三番目の「とにかくお願い」作戦が効いています。
もちろん日によって機嫌も違うので、どうしても時間をかけて対応しないといけない日もあります。

私が早く帰れない日もありますし、状況は様々です。

理想は、早く娘ちゃんに自分で歯磨きをしてもらうようになることなんですが、それはまだまだ先の話ですね。。

でも、なんだかんだで可愛いもんです。
娘も毎日思考を凝らして歯磨きをしない道を見つけようとするので、なかなか面白いです。

「絶対に口は開けないぞ!」

と枕に突っ伏したままになる日もありますし、

「終わらせたことにしよう!」

といつの間にか自分の寝床に走り去っていくこともありますw

ほんと、どこで覚えるんでしょうね。

とはいえ虫歯になると困るので、ちょっと時間をかけてでもちゃんと歯磨きが習慣になるようにしたいものです。

もし、読者の方でより良い歯磨き法があれば教えて下さい😅
ではまた。