there is a time for everything

現役SIerが技術や育児情報を紹介するブログです。

Kindle本夏のセール 8/22(木)まで!

Kindle本サマーセール攻勢

おすすめ本を二冊だけ紹介します。

入社1年目で知っておきたい クリティカルシンキングの教科書

入社1年目で知っておきたい クリティカルシンキングの教科書

入社1年目で知っておきたい クリティカルシンキングの教科書

Amazon

クリティカルシンキングそのものを勉強したことはないですが、個人的に常に意識していることに、「逆張り」があります。

私は全くしませんが、ギャンブルではよく使われるみたいですね。

もし逆だったら?をいつも考えます。
システムエンジニアでしたら必須の思考だと思います。

この本が逆張りの説明をしてくれるわけではないですけど、、早くから「自分の考え方のスタイル」を確立すると、一気に同年代を突き放せます。

固執するのは成長を失うのでダメですけどね。

未来食堂ができるまで

未来食堂ができるまで

未来食堂ができるまで

Amazon

著者の小林せかいさん、SIerとして働かれていらっしゃるときに一緒のチームでお仕事させて頂きました。

同い年なんですけれど、まさかこんな方になるとはなぁ、とメディアで見かけるたびに思います。

頭脳明晰でとてもエンジニア能力の高い方でしたが、良い意味で仕事に興味のない方でした。

ご自身も明言されていますが、とても偏食家なのでまさか定食屋さんになられるとは。。。

炎上プロジェクトでご一緒させて頂いた際、決まって定時後に1時間ほど不在にされるので「あの人どこ行ったの?」と方々で囁かれていました。
※もちろん休憩時間の範囲内です。

ご本人に聞いてみたら、職場から結構遠い焼き肉屋さんでレバ刺しをいつも食べていたそうで。
焼き肉はレバ刺ししか食べられないんだと。
(レバ刺しは「焼き肉」じゃないけど、、)

他にも面白エピソードがたくさんあるのですが、小林さんが同じチームだった時は毎日新鮮でした。

ちょっと物事の捉え方が違うんですよね。

決してビジネスマンじゃないけど、なぜかお金の匂いがする、不思議な方でした。

今やテレビにも取り上げられる定食屋さんになってしまいました。
妻の実家に帰った際にでも、ふらっとお邪魔してみようかな。