there is a time for everything

現役SIerが技術や育児情報を紹介するブログです。

回転寿司 ぼて

寿司が食べたくなった

tabelog.com

先週の木曜、祝日の日の話ですが、行ってきました。

もともとは外食する予定はなかったのですが、ちょっと買い物に出た帰りに寄ってみました。以前にも、何度か足を運んだことがあり、お気に入りなのでレポートします。

価格帯

指が入ってしまった。見ての通り、回転寿司ではありますが、価格帯は高め設定です。

娘は興味津々です。君が食べるのはいなり寿司一択です。

食べたものたち


煮穴子。大好きなので、どこのお寿司屋さんに行っても必ず食べます。


河豚の白子です。ふんわりして美味しかったです。


サバの松前寿司です。


これは確か、、ぶりトロですね。
ぶりトロは今の"推し"寿司だったみたいですね。
ちょっとブレていてすみませんが、口の中でとろけて美味しかったです。


これは鬣(たてがみ)です。馬刺しですが、私は馬肉が好きなので「ぼて」に来たときには漏れなく注文します。お魚とはちょっと違う食感が楽しめますので、是非トライしてみてください。


こちらはカワハギ。正直よく知らなかったのですが、高級魚だったのですね。これも今が旬のメニューです。硬めの食感で後味がサラッとしています。


これは河豚のなんたら軍艦。名前忘れました。食感硬めのあっさり系。上に乗った味噌の味が冴えます。


えっと、炙り三種盛りという名前だったのですが、何を炙った三種なのかさっぱり覚えていません。。
お寿司もブログも、鮮度が命ですね。。すみません。
でも美味しかったです!フォロー下手くそ


なぜか端にご飯粒が乗っていますが、私はお寿司の締めは必ず玉子といなり寿司と決めています。

最後のいなり寿司です。まぁ、玉子といなり寿司は普通ですね。締めにピッタリです。

さいごに

一応、「ぼて」は回転寿司屋さんなのですが、ほとんどのお客さんが注文しています。店員さんも、それを見越してなのか回転寿司とは思えない人数の方が対応されています。五人くらいはお寿司を握っていたと思います。

ちなにみお会計の際はどこかの回転寿司チェーンのように、お皿をシュートするようなことはなく、店員さんがお皿の数をカウントします。なのでガチャ的なものもありません。
顧客層はファミリーというよりは、ちょっと高めだけど回らないお寿司屋に行くのはちょっと、、という方のようです。

おまけ

見ての通り、食べすぎました。
妻と私で、なんと5千円超、、ちょっと怒られました。
アンタも結構食べてたやん!

「ぼて」おすすめです。

以下も、気になるところがあれば見てみてくださいね。

www.rptrryo.com

www.rptrryo.com