there is a time for everything

現役SIerが技術や育児情報を紹介するブログです。

副鼻腔炎でGW明けに倒れる

副鼻腔炎に罹る

なかなかハードだったGW

世の親御さんたち、大変お疲れ様でした。
そして僕、大変お疲れ様でした。

何を隠そう、GW明け初日に体調不良で早速午後休とったのは私です。
それからずっと体調が優れず、ブログも長期休暇でした。

しかしGW明け初日に午後休って、顰蹙ものですよね。。

また別記事にしますが、GWは私の母方の祖母に会いに高知県へ帰りました。目的は、一歳半になった娘を会わせるためです。

祖母は94歳(!)で、足が悪くて老人ホームを出られないのでこちらから。娘と会うのは初めてです。
3泊4日で神戸→岡山→高知→徳島→神戸というルートです。

えぇ、ほとんど移動です。
盛り込み過ぎで超反省。

GW前から調子悪かった

実は、GWに入る前から若干調子悪かったんです。
喉から痛みが始まって、「GWに入れば休めるし、なんとかなるでしょ」という甘い見通しで休まずに働いてしまっていました。

そしてGWは冒頭のように強行軍、、体調が戻るわけありません。

GW明け初日

そしてGW明け最初の出勤日。頭が痛いのに加えて、気分も悪い。基本的に年中健康な私にとっては珍しい弱りっぷり。

そして年中健康なので痛みにとっても弱いのです。

我慢できない、、結局その日の午後から休むことに。
この時点ではただの風邪だろうということで、病院にも行きませんでした。

二日後

午後休を取った翌日はなんとか出勤できましたが、その翌朝に熱を測ると微熱。GW明けからずっとなので、これはさすがにおかしいということで近くの病院へ。

なんだか左眉辺りも痛かったのですが、それをお医者さんに伝えても、頭痛でしょうとのこと。
念の為、季節外れのインフルエンザかと疑って検査もしましたが、陰性でした。

そして二時間後。。。

「~~~!!!」

声にならない声で、のたうち回る私。
本当に、我慢できないレベルの「眼の痛み」でした。

正確には、目玉の痛み。目玉の奥を、毎秒ギュウッと握られるような、耐え難い痛みでした。

二度目の診察

どうしても我慢できない痛みであることと、その日は木曜日で眼科は全てお休みでしたので、救急を受け付けてくれる神戸市立医療センター中央市民病院へ。

とんでもなく目玉が痛かったので、当然「目が痛い」と伝えて診察を待つことに。しょうがないのですが、救急とはいえ大きな病院なので結構待ちました。

そして、救急なのでとっても若めなお医者さんたちばかり。

ですが、今回とっても真摯な姿勢で診察して頂き、私の目が痛い原因が判明します。

目が痛い、と受付で伝えていたので、担当してくださった女医の方は一所懸命、眼に小さなゴミが入っていないか、感染症の類ではないかと手を尽くしてくださいました。

御本人は眼が専門ではないのか、別の医師も連れてきてくださり、意見を仰いでおられました。

こういう姿勢って、人によっては信用しきれない医者だな、と思われる方もいるかもしれません。でも、患者の思いとしては早く原因を突き止めて、快方に向かうことが目的だと思うので、私としてはとても嬉しかったです。

しかし、一向に原因がわからない、、私も体力の限界。
ずっと目玉を悪魔に握りしめられている気分でした。

最後に眼科医の方が、「可能性は大変低いですが、クモ膜下出血などの疑いも考えてCTも撮りましょうか?」と。

藁にもすがる思いでお願いすると、これがビンゴ。

輪切りになった私の顔の、左目近くだけ白い影がたっぷり。

原因が「副鼻腔炎」ということがわかりました。

耳鼻科へ

近くの耳鼻科へ紹介書を書いてもらい、翌日に耳鼻科へ。

えらく待たされましたが、診察結果はやはり副鼻腔炎。何度も、副鼻腔炎になるのは初めて?と聞かれたので、よくぶり返したり再発性のあるものなのかな。

ちなみに初めて鼻にカメラを突っ込まれました。とっても辛かったです。

でも、確かに左の副鼻腔には膿が溜まっていて、素人目にもヤバそうでした。

治療法は?

膿を押し出そうと副鼻腔さんは頑張っているので、保存療法としては抗生物質を飲むことが多いようです。私としては、あの地獄の痛みから早々に抜け出したかったのですが、後々のことを考えるとあまり得策ではないのでしょうね。

医師の方も、初回だから薬もしっかり効くでしょう、と。
やっぱり再発するかもしれないんだ、、と恐怖に震えて帰りました。

現在の病状

あれ?、、、というくらい良くなっていません。
もちろん良くはなっているのですが、午前中は基本調子悪いです。日中3時間程度は、目の周りの痛みと付き合うことになります。

正直、切り傷擦り傷ならなんとか我慢できるのですが、体内?というか目の痛みなんで我慢できません。

まずは膿を出させるように抗生物質を一週間飲んでみて、改善されたら続けて一ヶ月程度、鼻の粘膜の活動を正常化する薬を飲むそうです。
こんなに長丁場の病気生まれて初めてでげんなり。。

一体いつ良くなるのか・・・

注意すること

まず、長引く風邪には要注意です。
私は小さい頃から健康でしたので、今回は本当に油断していました。多少調子が悪くても出勤していましたし、風邪を引いていたって一晩寝れば治ってしまうのが常でした。

ただ、いつもよりちょっと咳が長引くなぁ、と思っていたんです。そしてそのままGWに入り、予定がパンパンだったので無理をする格好になってしまいました。

調子が悪くて、鼻水が続いたら迷わず耳鼻科にかかってくださいね。

私の場合はどうも、風邪が直接的な原因ではなくカビなどの細菌ではないか、とのことでした。

まだ体調が悪いので細かい検査はできていませんが、風邪から来る場合は顔の両側の副鼻腔が炎症を起こすことが大半だそうです。

なので、片側ということは違った原因が考えられるでしょう、とのこと。

いずれにしても、体調が悪いのなら面倒がらずに病院へ行け、ということですね。。反省です。

さいごに

さすがに、もう若くないのだな、と身に沁みましたw
悔しいですw

でも、小さい娘もいるので体調が悪いなら我慢せずに病院ですね。感染っても困りますし。

今年は体を作り直す一年にしようかな。
もう折返しが見えてきていますが、、、

皆様も、お体ご自愛くださいませ!